IKEAの家具は引越業者に拒否される?

洗練されたデザインと、手の届きやすい価格帯で人気の高いIKEAの家具。

しかし引越し業者に運搬や解体組立を依頼した際に断られてしまったり、

仮に引き受けてもらえたとしても別料金がかかってしまったり、補償の対象外とされてしまうことがあります。

一体なぜなのでしょうか?



なぜIKEAの家具は引越し業者に敬遠されるのか?

IKEAの家具は他の会社の一般的な組立家具とは異なり、板のレベルから組み立てるような仕様になっています。

解体して引越しを行うことを想定した作りではなく、分解しようとすれば壊れてしまい、再度組み立てができなくなる恐れが非常に高くなっています。

IKEA家具を断る業者が多いのは、そういったトラブルの発生を避けるためです。



IKEAの家具がある場合の注意

業者に見積り依頼をする際には、IKEA製品があることを必ず事前に伝えるようにしましょう。

運んでもらえるのかを確認し、もし引き受けてもらえない場合は、その家具を処分するか、

あるいは自分で分解や組み立てなどの作業を行い、運搬だけ引っ越し業者に依頼を

すでに解体されたものであれば、運搬自体は問題なく引き受けてもらえますので、

IKEAの家具は接着剤をほとんど使っていないので、自分でも部品の状態に戻すことは可能でしょう。

しかしそこで、購入時に説明書に従って組み立てた逆を行えば良いかというと、そう簡単にはいきません。

ただし、中には破損しやすい部品や、一度装着したら外さない方が良い部品もあります。

分解時に工程を誤ると、再び組み立てることができなくなってしまうかもしれません。その可能性は考慮しておく必要があります。

IKEAにはスペアパーツコーナーがあるので、ネジなどの接続部品については交換することができます。

DIYに自信がある人などは、ご自身での分解組み立てを選択肢に入れてみても良いかもしれません。



対応している業者もあるけど…

追加で料金を支払えば、IKEA家具の分解・組み立てを引き受けてくれる引っ越し業者もあります。

ただしIKEAの家具は分解・組み立てに時間と労力を要するため、繁忙期などは受け付けてもらえないこともあります。

分解や運搬は引き受けている業者でも、再組み立ては対応してもらえない場合もあります。

また、業者側は、依頼されれば運ぶけれども、保証はできない、というスタンスを取っていることが多いです。

リスクを取りたくない場合は、引越し業者とは別に、家具の解体や組み立てを専門とする業者もいますので、そういったサービスを利用するのもおすすめです。



業者に頼まず作業するならリスクも覚悟する


引越し業者は運搬が業務なので、すでに解体した部品であれば問題なく引き受けてもらえるはずです。

IKEAの家具は接着剤をほとんど使っていないので、自分でも部品の状態に戻すことは可能でしょう。

しかしそこで、購入時に説明書に従って組み立てた逆を行えば良いかというと、そう簡単にはいきません。

先述の木ネジは破損しやすいですし、なかには一度装着したら外さない方が良い部品もあります。

分解時に工程を誤ると、再び組み立てることができなくなってしまうかもしれません。その可能性は考慮しておく必要があります。

IKEAにはスペアパーツコーナーがあるので、ネジなどの接続部品については交換することができます。

DIYに自信がある人などは、ご自身での分解組み立てを選択肢に入れてみても良いかもしれません。



自分でやる場合と業者に頼む場合のメリット・デメリット

IKEA製品を自分で解体・再組み立てする1番のメリットは、もちろん費用の節約です。

ただし、確実にできるという保証はなく、失敗すればそのまま使用不能となってしまうことは覚悟しておかなければなりません。

一方業者に依頼する場合のメリットは、サービスの内容にもよりますが、解体して運ぶところまで引き受けてもらえるということです。

IKEA対応を謳っている家具組み立て業者などであれば、より安心でしょう。

ただし、IKEAの家具の引越しには追加料金がかかることも多くあります。

IKEAの商品はもともと価格がリーズナブルなので、追加料金の合計が商品価格を上回ってしまうという事態も考えられます。

その場合、わざわざ強度を落としてまで運ぶより、新品を買い直す方が合理的だといえる場合もあります。

いろいろな選択肢を比較する

引越しでIKEA製品を運ぶ場合、大きな家具はどうしても分解と再組み立てが必要になります。

その作業を自分で行うか業者に依頼するか、あるいは新しく買い替えるかという点は、費用対効果によって判断が分かれるところでしょう。引越し業者の間でも、IKEAの家具の扱いについてはそれぞれ対応が異なります。

ですので、1社だけでなく複数の業者に見積もりを依頼し、いくつかの選択肢を用意して考えることが大切です。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示