top of page

引っ越しがお得になる!?「引越し助成金」とは

引っ越しは新生活のスタートにわくわくするものですが、同時に多額のコストがかかる出来事でもあります。そんな時、自治体の提供する助成制度が助けになることがあります。

今回は、引っ越し前に知っておきたい助成制度について簡単にご紹介します!





引っ越しの際に受け取れる助成金とは?


各自治体で、家賃や住宅に関する助成制度を設けている場合があります。制度の内容は自治体によって異なりますが、家賃の補助の他に、住居の購入や、引っ越し費用などを支援してくれるところもあります。

ただし、これらの助成金を受け取るためには、特定の条件を満たす必要があり、対象者も限定されていることが多くなっています。




助成金の対象になりやすい人


助成金の対象となりやすい方の条件をご紹介します。


新婚世帯

例:結婚新生活支援事業費補助金

新婚世帯の新生活に必要な費用を支援する補助金。新居の住居費や引越し費用が対象になります。



子育て世帯

例:子育てファミリー世帯家賃助成制度

15歳以下の児童1名以上を扶養している世帯を対象に、転居(転入)後の家賃と基準家賃との差額の一部を一定期間助成する制度。



親世帯との近居を考える人

例:次世代育成住宅助成

「親世帯と近居するために住み替えを計画している新婚世帯や子育て世帯」または「子どもの成長などの理由でより広い住宅に移るために区内で転居をする子育て世帯」を対象とした住宅助成。



移住を計画している人

例:移住支援金

東京23区内に居住または通勤している人が、東京圏外へ移住し、起業や就職などを目指す際に、都道府県や市町村が共同で提供する交付金。



ひとり親世帯

例:ひとり親世帯転居費用助成

18歳もしくは20歳未満の子どもを養育しているひとり親世帯が受けられる支援金。家賃の一部が補助されます。



住み替えを行う高齢者

例:高齢者住み替え家賃等助成事業

防災面で安全かつ高品質な住宅への転居を計画している高齢者や、取り壊し等での立ち退きが必要となった高齢者の世帯に対し、転居後の家賃や転居費用の一部を助成。



障害者・介護世帯

例:住み替え家賃助成制度

立ち退きを要求された高齢者、障害者、ひとり親世帯や、現在の住居での生活が困難になった障害者世帯を支援する制度。


これらの助成制度は自治体や年度によって異なるため、最新情報を得るためには自治体のウェブサイトを確認するか、窓口に問い合わせましょう。




制度を利用する際の注意点


助成金の申請条件には、年齢や家賃の金額、過去に家賃滞納の経歴がないことなど、複数の制限が設けられています。また、助成金の募集は、数と申込期間に限りがあり、すべての申請者が助成金を受け取れるわけではありません。そのため、引越しが決まったら、速やかに新居の自治体にて助成金の受給可能性を確認することをお勧めします。


新生活をスタートさせるにあたり、自治体からの助成金は大きな支援となり得ます。利用可能な助成金があるかどうか、早めに情報を集めて、賢く活用しましょう!



安く引っ越しするなら「ハコブ引っ越しサービス」がおすすめ!

「ハコブ引っ越しサービス」なら、首都圏の単身引っ越しがお得

24時間365日 見積もり受付中です。お気軽にお問い合わせください!





閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page