単身パックは本当にお得??

「単身パック」は、決まったサイズのコンテナボックスに積んでパッキングする単身者向けの引越しサービスのことです。

料金は通常の引越しプランより低く設定されており、費用を抑えて引越したい単身者に支持されています。

ただし、コンテナに荷物が積み切れず、むしろ割高の引越しになってしまったということもしばしば起こるようです。

単身パックを依頼したい場合は、自身の荷物量に対応したサービスかどうかを、事前にしっかり確認することをおすすめします。




「単身パック」と普通の引越しの違い



「単身パック」と普通の引越しには、大きくわけて3つの違いがあります。


積める量

コンテナボックスの大きさは業者によって異なりますが、サイズは幅105cm・奥105cm・高さ175cmくらいまでと決められています。

このボックスの積載量は、引越し会社に依頼する場合の最も小さいチャーター車両である「軽トラック」1台よりも劣ります。

必要最低限のものしか持っていかない方であれば問題ないサイズかもしれませんが、

それなりに荷物がある方や、家具家電などを運びたい場合は、コンテナに荷物が積み切れない可能性が高くなっています。

単身パックに詰込めなかった荷物は、別途サービスで送ったり、コンテナボックスを有料で追加する事になります。


積み日と卸し日

長距離引越しなど除く普通の引越は、現住居から荷物を積んだその日に新居に荷物を卸します。

一方単身パックは、コンテナを荷物として扱うため、集荷後、別日に配達されます。


資材の提供

引越し時の荷造りを自身でされる際に、梱包作業に必要な資材として、ダンボールやガムテープ、布団袋や食器の包装紙などがあります。

普通の引越しの場合は、これら資材は引越し会社から提供されることが多いですが、

単身パックの場合は資材の提供はなく、自分自身で用意しなくてはなりません。



一つのコンテナに荷物をすべて積み込むことができれば、非常に安く引越しができますが、

荷物が収まり切れずコンテナを追加する場合や、別途輸送サービスを利用する場合は、かえって通常引越より高くなってしまうというリスクがあります。



単身パックがおすすめな方


以下の方は、通常のお引越しより費用が安くなることが多いので「単身パック」がお勧めです。


  • 家具家電の荷物が少ない単身引越し

  • 単身赴任

  • ウィークリーマンションといった家具付き住居への引越し

  • シェアハウスへの引越し


しかし、一般的にはコンテナに荷物を積み切れない場合の方が多いです。

「安く済ませたいから」と安易に単身パックを選択せず、

まずは自分の荷物を把握し、自分の荷物量に合っているサービスなのかしっかり確認することをお勧めします。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示