top of page

近距離の引っ越しをお得にする3つの方法

引っ越しは経済的負担が伴うものですが、近距離の引っ越しの際は、特にコストを抑えたくなりますよね。

今回は近距離の引っ越しをお得にする3つの方法をご紹介します!








自力で引っ越しする

近距離の引っ越しの場合、自分自身で荷物を運ぶことが一番の節約方法となります。荷物の運び方や時間帯を自由に決められますし、距離が近いので、往復して荷物を運ぶことも可能です。


一方で、車の手配や運転、荷物の搬入搬出、駐車場の確保など、自分でやらなくてはいけない作業が多く、精神的・肉体的負担が大きくなります。特に階段やエレベーターがない場合や、駐車場が狭い場合などは、大変な作業になります。また、レンタカーを借りる場合は、返却時間やガソリン代なども考慮しなければなりません。レンタカーの料金は、車種や時間帯、距離などによって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度です。レンタカーを借りる場合は、事前に予約をしておきましょう。


少しでも手間とリスクを減らすために、友人や家族に協力を依頼したり、作業工程を工夫しながら効率よく進めましょう。



自力引っ越しと配送サービスを併用する

全ての荷物を自力で運ぶのが難しい場合は、自力引っ越しと配送サービスを併用する方法もあります。小物類は自分で運び、家具家電などの自分で運ぶのが難しい荷物は外部に依頼することで、コストを抑えつつ運搬の労力を減らすことができます。


例えば、家具や家電などの大型家財は、「らくらく家財宅配便」や「飛脚ラージサイズ宅配便」、「デカ宅」などの家財配送サービスや、引っ越し業者の専門プランを利用することで送ることができます 。専用の配送サービスを利用すると、梱包や設置などもプロに任せられるので安心です。ただし、場所や荷物によっては追加料金が発生する可能性があるので、事前に見積もりや相談をすることをお勧めします。



地域密着の引っ越し業者に依頼する

自力で引っ越しするのも、配送サービスの利用も面倒だと感じる方は、地域密着の中小規模の引っ越し業者に依頼する方法もあります。地域密着の引っ越し業者は、近距離の引っ越しに特化しており、大手よりも柔軟な対応が可能で、料金もリーズナブルな場合が多いです。また、その土地での引っ越しに慣れているため、作業がスムーズで丁寧です。


しかし、地域密着の引っ越し業者は人気が高く、予約が埋まっていることが多くなっています。また、サービス内容や保険などの条件が不明確な場合もあります。中小規模の引っ越し業者を利用する場合は、事前に評判や口コミなどを調べておくことがおすすめです。



引っ越しを安くするコツ

引っ越し時期や曜日を選ぶ

引っ越し費用は、時期や曜日によって変動します。一般的には、3月・4月、9月などの繁忙期や土日祝日などの休日は高くなります。逆に、1月や6月などの閑散期や平日などの平日は安くなります。可能であれば、閑散期や平日に引っ越すことで費用を節約できます。


荷物を減らす

荷物が多ければ多いほど、引っ越し費用は高くなります。荷物を減らすことで、レンタカーのサイズや配送サービスの個数や重量、引っ越し業者の車両などを減らすことができます。荷物を減らすためには、不要なものは処分したり、売ったり、寄付したりすることがおすすめです。荷物を整理することで、新しい住まいでの生活も快適になります。



まとめ

近距離の引っ越しは、適切な方法を選ぶことで非常にお得に進めることができます。

ご自身にあった方法を選んで、効率的かつ経済的な引っ越しを実現しましょう!



24時間365日無料見積もり受付中!

お気軽にお問い合わせください



閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page