費用を抑えて引越をする方法とは

更新日:6月15日

引っ越しにはお金がかかりますが、工夫次第で費用を抑えることも可能です。



安い時期を選ぶ

最安値で引越しをするためには、繁忙期を避けた安い時期に依頼するのが良いでしょう。

引越し業者の繁忙期は、転勤や卒業などで人の移動が多い2月~4月。

1月に入ると徐々に引越しを依頼する人が増え、料金も上がってきますので、それより手前の11月~12月が料金が安く済みおすすめです。

また、繁忙期でも平日は比較的安く、時間指定なしのフリー便が利用できればさらに料金が安く済みます。


荷物の量を減らす

引っ越し料金は、引越し先までの運送距離と、荷物の量によって大きく変わります。

引越しにかかる時間と、関わるスタッフの人数によってサービスの料金を算出するためです。

引越し先が決まっている場合、移動距離を変えることは難しいですが、荷物をできる限り減らすことは可能です。

荷物の量が少なければ、単身パックなど格安で引越しできるプランが利用しやすくなります。

不要な本や服は、フリマアプリやリサイクルショップなどで売却したり、寄付することで減らすことができます。大きなものは処分に時間がかかる場合があるので、計画的に整理を進めていきましょう。

荷物を売却して得たお金で、新居の生活環境を整えるとトータルでのコストパフォーマンスはよくなります。


レンタカーを活用する

引越しを格安で済ませるために、レンタカーを借りるという方法があります。友人や親戚に手伝いを頼めば、より短時間で引越すことが可能です。

ただし、荷運びを自分で行なうため、運転や搬入搬出の際に荷物を傷つけてしまう危険性があります。

また、制限時間内にガソリンの補充や車両返却も行わなくてはならないため、作業は計画的に進める必要があります。

荷物が多く、移動距離の長い引っ越しにはかえって高くついてしまう場合がありますので、注意が必要です。


安くなるプランやサービスを利用する

引越し業者の比較サイトはたくさんありますが、荷物の量や距離など、業者によって値段に差があり、比較が難しい場合があります。

車両積み切りパックや、単身の引っ越しに特化したサービスなど、条件を満たすことで安くなるプランを探してみましょう。

荷物量を減らして荷物が乗り切るよう調節したり、段ボールの荷物だけ宅配便で送るなど、他の輸送サービスと併用してみても良いかもしれません。


引越し業者選びの際の注意点

格安業者の中には補償内容が充実していない場合や、引越し経験の少ないスタッフが対応することも考えられます。

口コミや実績を参考に、信頼できる業者を選びましょう。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示